大規模修繕を行なって快適な暮らし~ラクラクLIFE実現~

作業に使われるライト

自宅

ライトの種類

作業灯と言えばアウトドアや何かの作業をしたりするときによく用いられる、あのライトのことである。よく体育館の様なところについおり、我々の生活にとっては欠かせないものである。そして、現在は企業でも欠かせないものとなっている。その作業灯には最近になって色々なものが出てきた。例えばLEDの作業灯等もその一つである。これは、白熱灯による熱を減らしただけでなく、その消費電力にも大きな影響を与える。例えば一般的な白熱灯とLEDの消費電力を比較してみると、その差は約7倍にもなる。要するに同じ電池を使っていたとしても、買い換えることになるスピードが全然違うのだ。さらにLEDに変えることにより寿命も伸ばすことが可能になった。しかも明るさはそのままなのである。しかしLEDには初期コストがかかるということは把握していたほうがよいだろう。

ライトの価格

作業灯の価格は種類によってまちまちで、安いものでは5000円しない程度のものもあれば、高いものだと20000円を越えるものまである。ではこれほど差がでる要因とはいったいなんなのだろうか。一つには当たり前のことではあるが、ライトの大きさが影響を与えている。さらにライトが何の種類のものであるかというのは、考慮すべきだろう。大きいライトであれば夜間の工事などでも周囲を明るく照らすことが出来る為、作業効率が上がる。作業効率があがることは企業にとっては大きなメリットだ。また、小さなライトも利便性が高い。工場などでの組み立て作業や点検作業に活用されている。なので、作業灯を購入する場合、費用だけでなく自社の目的に応じて選択したほうが良いだろう。作業灯を取り扱っている販売店では、様々な用途に合わせた作業灯を販売しているのでチェックして見てはどうだろうか。