大規模修繕を行なって快適な暮らし~ラクラクLIFE実現~

みんなが素人です

エクステリア

当事者意識を持とう

マンションを保有していると必ずぶつかる問題が大規模修繕工事です。たいていの場合、新築後10年から15年の間に1回目の大規模修繕工事を行われます。管理組合の理事会が中心となって議論が行われたり、修繕委員を選出して理事会に具申する形で話が進められます。しかしながら、居住人にマンションの建設や修理に詳しい人がいないことが多いので、素人が一から勉強して話を進めていくことになります。そのため、マンションによっては話が遅々として進まず、その間にマンションが劣化していってしまうということもあります。大規模修繕工事をスムーズに進めるための秘訣は、当事者意識を居住者の人に持たせるということです。大規模マンションほど、当事者意識を持たせることは難しいですが、大規模修繕工事の議案と同時に修繕積立金の値上げを提案するなどして、反応を見ましょう。

鵜呑みにしてはいけません

そして、もう1つ重要なことは管理会社の言いなりにならないということです。マンションの管理会社の中には、自らが元請けになりたがるところもあります。管理会社が元請けになる提案をしてきたら、まずは、職人の手配をどうするのかを確認しておきましょう。自社で職人を用意せず、下請けを使うようであれば、注意が必要です。なぜならば、下請けが入れば入るほど、大規模修繕工事の総額は高くなってしまうからです。見積を取る際には、工事方法の異なる建設会社を3社以上を選出しましょう。工事方法が異なるだけで、見積もりが大きく変わる可能性もあります。例えば、大規模修繕工事では仮設足場が必須のように考えられていますが、これをブランコにするだけでも金額が大きく異なります。