メニュー

特徴を知ってから選ぶ

コラーゲン

原材料や分子サイズ

コラーゲンはアミノ酸やペプチドから構成されるたんぱく質の一種です。人間の肌内部に多く存在し、弾力を作る働きをしています。ただコラーゲンは年齢と共にどんどん減少していくので、食事やサプリメントなどで摂取することが大切です。実際にコラーゲンを配合したサプリメントを美容や健康のために飲んでいる人は沢山います。サプリメントなら食事よりも手軽に摂取できるので便利です。ただし、どんな原材料を使用しているかや分子のサイズなどによって、多少効果が違います。コラーゲン入りのサプリメントの原材料の種類を大きく二つに分類すると、「動物性」と「海洋性」があります。動物性の場合、主に豚皮由来のコラーゲンを原材料にしています。豚は人間と同じ哺乳類なので、親和性が高いのがメリットです。鮭やひらめやたらなどの魚の皮から摂れるのが、海洋性またはマリンコラーゲンです。海洋性は体内吸収率が高く、豚皮などの動物由来のコラーゲンに抵抗がある人に人気です。コラーゲンは、分子の大きさによっても二つのタイプに分けることができます。一つが高分子タイプのコラーゲンです。分解されやすいのがデメリットですが、長期間飲み続けると効果があります。即効性を求めるなら低分子タイプがおすすめです。コラーゲンペプチドとも言い、100万分の1以下の分子になっているのが特徴です。体内への吸収率が高く、高分子タイプよりも効き目が早く出るのがメリットです。