メニュー

サプリメント

腸内環境を良くする方法

腸内環境を良くすると健康になれると話題になっています。乳酸菌などを試してもなかなか効果を実感できないこともあります。今世界が注目している成分にβグルカンがあり、キノコ類や大麦などに多く含まれている水溶性の食物繊維です。

コラーゲン

特徴を知ってから選ぶ

コラーゲンのサプリメントを選ぶときには、原材料の種類と分子のサイズをチェックすることが大切です。原材料には動物性と海洋性の二つがあり、分子のサイズによって高分子コラーゲンと低分子コラーゲンに分けられます。

膝

グルコサミンがおすすめ

関節の痛みは老化現象によってあらわれることがあります。歳を取ると骨密度が減ってしまい、カルシウム不足となることがあるからです。また、骨の軟骨がすり減ってきやすくなります。それならグルコサミンなどの有効成分をサプリメント補いましょう。

栄養剤

取り過ぎはもったいない

身体に良い影響を与えるβグルカンは、大量に取りすぎてしまえば身体に必要となる分だけ吸収し、それ以外の量は体外へ排出してしまいます。せっかくの優れた栄養素を排出してしまうのはもったいないことなので、適量を毎日摂取することが大事です。

コラーゲン

美肌のために

コラーゲンが人気の理由は美肌効果によくサプリメント等で摂取しやすい所にあります。同時にビタミンCやヒアルロン酸、エラスチン等もコラーゲンと一緒に摂取することにより肌の内面のハリ等を良くする働きがある為、高い効果に期待できます。

突然気がつく身体の異常

関節

足に違和感で歩きづらい

足に違和感があったり、歩きにくくなったりしたら、それはもしかすると関節の痛みに由来するものかも知れません。ここでは、関節の痛みの原因や、その対策や予防法について、簡単に説明します。まず、そのような痛みの原因になりやすいのが、過渡の運動による関節の酷使です。とりわけ、野球の投球などの同じ動作を繰り返す場合は、注意しなくてはなりません。また、肥満も原因になります。過体重の場合、膝や足首などに対する負担が大きくなるため、関節を痛める危険性も高まります。また、身体に合わない靴などを履いている場合も、負担が増して痛みを発生させる原因となります。この他の要因としては、加齢による関節の変形や、他の疾患による関節への影響があります。それらの痛みの発生を予防したり、痛みを軽減させたりするには、どうすれば良いのでしょうか。まず、予防としては、適度な運動による体重のコントロールが有効です。適切な体重を維持できれば、膝や足首などの関節に対する負担を軽減することができます。しかし、過渡な運動による関節の酷使は、返って痛みの原因となるため、気をつける必要があります。他には対処療法として、温湿布を貼ったりお風呂に浸かったりする温熱療法が有効です。市販のお薬で鎮痛する方法もあります。しかし、変形性関節症や変形リウマチ、通風など、他の疾患により痛みが発生していることもあります。その場合は、上述した予防策や対症療法には根本的な治療効果がありませんので、病院での診察を受けることをおすすめします。