大規模修繕を行なって快適な暮らし~ラクラクLIFE実現~

農業の救世主

作業担当者

3つのメリット

ソーラーシェアリングとは、耕作地の地上より3メートルの位置に架台を設置し、短冊状の太陽光パネルを並べて農業と営みながら太陽光発電を行う方法のことです。農家を営む方にとってのソーラーシェアリングのメリットは、作物に良い・耕作放棄地を活用できる・後継者不足の解消が挙げられます。作物には光飽和点というものがあります。これは一定量以上の太陽光は光合成に利用しないという性質で、光飽和点以上の強い光は作物にとってマイナスとなります。ソーラーシェアリングの架台が太陽光を遮ることにより、適度な光を作物に与えることができるのです。耕作放棄地は、現在の日本の農業における問題の中でも深刻なものですが、ソーラーシェアリングを行うことにより農地が活用され、後々に農作業を再開することも可能になります。そして、日本の農業の一番の問題点でもある後継者不足についても、農家の収入が作物を育てて売るだけでなく、発電した電力の副収入もあるとすれば、若者を惹きつけるには十分な魅力でしょう。

デメリット

農作物と太陽光発電で太陽の恵みをシェアするソーラーシェアリングですが、デメリットもあります。まずは太陽光パネル等を設置するのには大規模修繕が必要であり、初期費用がかかることです。農地の広さにもよりますが、ある程度の初期費用は覚悟しておいたほうが良いでしょう。また、3年毎にソーラーシェアリングの更新手続きを行い、許可が下りなければ太陽光パネルを農地に設置することはできません。事務手続きとなるため、煩わしく感じる方も多いでしょう。最後に、大規模修繕は農地に支柱を立てて架台と太陽光パネルを設置するため、大型の農機での作業がしづらくなります。これまでは機械に頼っていた部分を手作業で行わなくてはなりません。ソーラーシェアリングにはメリット・デメリットが混在していますが、発電した電力による安定した副収入を得られるメリットは何より大きいと思います。

みんなが素人です

エクステリア

大規模修繕工事に精通している居住者はあまりいません。大規模修繕工事をうまくこなしていくには、通常総会や臨時総会で修繕積立金の値上げを提案することなどを通じて、居住者に当事者意識を持たせることが重要です。

読んでみよう

確認する事

不動産

店舗デザインを業者の方に決めてもらう際には大手の店舗デザインをどれくらい考えているのかを確認しましょう。大手との契約がたくさんあると期待する事ができます。またデザイン完成までの期間も確認すると良いでしょう。

読んでみよう

作業に使われるライト

自宅

作業灯には普通の白熱灯のものやLEDまで様々な種類のものが登場してきている。ほかにも充電式や防水、防塵などといった性能をもったものまで出ており非常に多種多様となっている。だがそれに応じて値段も高いものが出ており、そこも考慮してどのような作業灯を買うかを決めるべきだ。

読んでみよう